離婚に関する各種ご相談、離婚協議書等の作成・公正証書の作成支援。富山の離婚専門の行政書士があなたをサポート。

HOME » 業務日誌 » 「~限り」 | 富山離婚相談所

「~限り」

2017/10/25


離婚協議書を作成する際に、「~限り」というような表現を用いることがあります。

  • 第○条 甲は乙に対し、丙及び丁の養育費として、平成○○年5月から丙及び丁がそれぞれ満20歳に達する日の属する月まで、1人当たり1ヶ月金2万円の支払義務があることを認め、これを毎月25日限り、乙が指定する口座に振り込む方法により支払う。
  • 第○条 甲は乙に対し、離婚に伴う財産分与として金300万円を、平成○○年4月15日限り、乙が指定する口座に振り込む方法により支払う。
  • 第○条 甲は乙に対し、慰謝料として金100万円の支払義務があることを認め、これを平成○○年8月末日限り、乙が指定する口座に振り込む方法により支払う。
  • 第○条 甲は乙に対し、本日までの婚姻費用の分担金の未払分として金10万円の支払義務があることを認め、これを平成○○年2月末日限り、乙が指定する口座に振り込む方法により支払う。

上記養育費等の項目でそれぞれ年月日と共に「限り」という文言が使われておりますが、この「~限り」というのは「~までに」という意味になります。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@i-rikon.jp
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab