離婚に関する各種ご相談、離婚協議書等の作成・公正証書の作成支援。富山の離婚専門の行政書士があなたをサポート。

HOME » 離婚とお金の問題 » 慰謝料の金額 | 富山離婚相談所

慰謝料の金額

慰謝料の金額に明確な基準はない

慰謝料の金額に明確な答えはありません。慰謝料をめぐる状況は個々のケースによって異なってきますし、裁判でもさまざまな事情を考慮して金額が決定されます。まさに金額はケースバイケースです。有名人や芸能人の離婚のニュースで高額な慰謝料が話題になることがありますが、あれは例外中の例外です。一般人には当てはまりません。

慰謝料の目安

  • 浮気・不倫 ・・・・・ 100万円~300万円
  • 悪意の遺棄(別居等) ・・・・・ 50万円~300万円
  • 暴力(DV) ・・・・・ 50万円~500万円
  • 協力・扶助義務違反等 ・・・・・ 50万円~200万円
  • 性行為の拒否 ・・・・・ 0~100万円
  • 相手側からの一方的な離婚の申し入れ ・・・・・ 0~100万円
  • 内容等によっては当然上記以上や上記以下にもなります。離婚原因が同じでも受けるダメージや許容範囲には個人差がありますので上記はあくまで参考の一つとしてください。そして、自分も相手も納得できそうなところかつ相手が支払えるような金額の範囲内で決定しましょう。

金額を決める要素

離婚の9割を占める協議離婚においては、慰謝料がどれくらい支払われているかというデータはありません。下記のように、さまざまな要素を考慮して金額が決定されます。

  • 相手の不法行為の内容と責任の度合い
  • 相手の不法行為によって受けた精神的苦痛の程度、回数、期間
  • 結婚期間
  • 子供の有無
  • 不法行為者の年齢、性別
  • 不法行為者の社会的地位や経済状況(収入、資産)
  • 不法行為者の悪意
  • 裁判では、上記のほか、職業、学歴、その他の生活状況全般も含めて総合的に判断されます。


論外な金額を提示しない

相手の不法行為によって夫婦の一方は大変な精神的苦痛を受けることでしょう。そうすると、相手にも同じような痛い目にあわせてやりたいという思いが働くのも分からなくはありません。しかし、あくまでその償いは金銭によってされるものと民法では規定しております。映画やテレビドラマのような復讐劇のような行動はとれません。

だからといって、相手をやっつけるためにいくらの金額でも請求できるというものでもありません。慰謝料請求に規定がないとはいえ法外な金額を突きつけるのは論外です。それなりの相場というものはあるわけですから、それは一つ参考にしなければなりません。

感情にまかせて高額な慰謝料を突きつけても、相手に財力がなければ支払いはできませんし、話し合いは進まなくなるだけです。そのうえ、最後に裁判に持ち込んだところで、その高額な慰謝料が認められればよいですが、まさかの慰謝料0円の判決が出るという可能性も否定できません。協議離婚にしておけばいくらかの慰謝料がとれていた可能性がありますが、この場合は、裁判になったばっかりに慰謝料が全く取れなくなってしまったという悲劇です。

欲張らずに冷静に判断することが必要です。慰謝料をふんだくる、ふっかけるという感じになると、まとまる話もまとまらなくなります。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@i-rikon.jp
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab