離婚に関する各種ご相談、離婚協議書等の作成・公正証書の作成支援。富山の離婚専門の行政書士があなたをサポート。

HOME » 離婚とお金の問題 » 慰謝料請求 | 富山離婚相談所

慰謝料請求

離婚原因をつくった配偶者に請求できる

慰謝料とは、相手方の不法行為(浮気、DV等)によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償金のことです。浮気やDV等の不法行為によって相手が離婚原因をつくった場合に請求できます。

したがって、離婚についての原因がどちらにもない場合は、慰謝料の件は問題にはなりません。よく、離婚すれば必ず慰謝料の問題が発生すると思い込んでいたり、離婚する場合は妻が必ず慰謝料を受け取れると思い込んでいたりする方がいらっしゃいますが、そういうことではありません。

また、夫婦双方の浮気や、なんとなく性格が合わない等といったようなことが離婚の原因で夫婦のどちらかに責任があるともいえないような場合は慰謝料請求はできません。

離婚の慰謝料は2つの意味を持つ

離婚の慰謝料には次の2つの側面があります。

  • 離婚原因慰謝料
    配偶者の不貞、悪意の遺棄、暴力等法律で定められた離婚事由に相当する相手方の不法行為により被った精神的苦痛に対するもの
  • 離婚自体慰謝料
    離婚せざるを得なくなったことにより被った精神的苦痛に対するもの

後者のケースは、例えば夫婦円満に過ごしていると信じていたところに離婚の話を切り出され、理由もよく分からないうちに離婚を受け入れるしかなかった場合等のやり場のない苦悩や配偶者の地位を無理やり奪われることの苦痛に対するものです。


離婚後でも慰謝料請求は可能

「離婚原因慰謝料」は、損害および加害者を知ったときから3年以内、「離婚自体慰謝料」は離婚成立時から3年以内なら離婚後でも請求は可能です。(時効)

ただし、離婚後の慰謝料請求では、離婚に際して、「今後、金銭的あるいは財産的請求は一切いたしません」という旨の約束をしていると、詐欺や脅迫等によって心ならずも請求権を放棄させられたという事情がない限り請求はできなくなるので注意が必要です。

慰謝料を請求できる?できない?

「慰謝料を請求できるケース」

  • 相手の不貞(浮気、不倫)
  • 悪意の遺棄(同居の拒否等)
  • 身体的・精神的暴力(DV)
  • 生活費を渡さない
  • ギャンブルや趣味等の浪費癖
  • 度を越した飲酒癖
  • 性行為の拒否、不能、強要
  • 相手側からの一方的な離婚の申し入れ

「慰謝料を請求できないケース」

  • 性格の不一致 (△)
  • 強度の精神病
  • 同程度の離婚原因が双方にある
  • 信仰上の対立 (△)
  • 相手の親族との不和 (△)
  • 法律で定められた離婚事由に相当する相手方の不法行為がない場合
  • 既に夫婦関係が破綻していた場合
  • 財産分与の一部等で既に損害が補てんされている場合
  • (△)・・・・・請求できる場合もある

夫婦関係破綻後の不貞

相手が浮気等をしていれば必ず慰謝料請求できるかというとそうではありません。夫婦の仲が冷え切って夫婦関係が破綻した状態になってから浮気をした場合や愛人をつくった場合は、離婚原因をつくったことにはなりませんので、この場合には慰謝料請求はできません。

ただし、この場合は、浮気をする前や愛人をつくる前に夫婦関係が破綻していたことを証明する必要があります。
自分が愛人をつくった場合等も同じです。夫婦関係が破綻した後であれば、相手が慰謝料請求をしてきても応じる必要はありません。

慰謝料の金額や支払方法の取り決め

慰謝料の金額や支払方法について決まりはありません。金額は精神的苦痛の度合いや相手の財産状況、収入に応じて夫婦で話し合って自由に決めることができます。支払方法(一括、分割)や支払期限等についても決めます。

協議離婚の場合、取り決め事項については必ず文書に残しておくようにしましょう。執行認諾文言付公正証書にしておけば、支払いが滞ったときに調停や裁判等を経ずに強制執行の手続きをとることができます。

夫婦での話し合いがまとまらない場合は家庭裁判所に離婚調停を申し立てて、離婚調停の中で話し合いを行います。あわせて財産分与についても話し合うことができます。

調停が不成立に終わった場合は、審判に移行することは少なく、通常、離婚を希望する側が裁判を起こします。裁判になった場合は、慰謝料についても判決で決定されます。

離婚後の慰謝料請求

離婚後に慰謝料を請求する場合、相手との話し合いができない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てるか、地方裁判所に慰謝料請求の裁判を起こすことになります。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@i-rikon.jp
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab