離婚に関する各種ご相談、離婚協議書等の作成・公正証書の作成支援。富山の離婚専門の行政書士があなたをサポート。

HOME » 協議離婚あれこれ » 別居をはじめる際の注意点 | 富山離婚相談所

別居をはじめる際の注意点

別居することをきちんと話し合う

夫婦には同居義務がある為、勝手に別居をはじめると「悪意の遺棄」とみなされ離婚に伴う状況(慰謝料、婚姻費用等)が不利になる可能性がありますので、慎重に行動することが必要です。

できるだけ、相手と話し合いをした上で(同意を得て)、別居することが望ましく、離婚回避の冷却期間を置く為等というような合意が得られるよう努力しましょう。なお、本当の理由を伝えると立場が悪くなるような場合(理由)では、ここではあえてそれは伏せておきましょう。

DVが原因で別居する場合

別居の原因がDVである場合には、勝手に家を飛び出しても有責にはなりません。DVの場合は、別居理由を告げるとさらなる暴力を振るわれる危険性が高いので、何も言わずに家を出た方が安全です。

不受理申出の手続きをする

別居期間中に勝手に相手に離婚届を提出されたら大変です。離婚が(一応でも)成立してしまった後には、財産分与や養育費等の離婚条件の協議ができなくなってしまう危険があります。不受理申出の手続きをしておけば、勝手に離婚届が提出されてしまっても受理されませんので、安心して協議をすることができます。

親権者になりたければ子供も連れていく

子供の親権者になりたければ、別居をするときは子供も一緒に連れて出ていく方が良いでしょう。裁判所が親権者を決める際は現状維持の原則があるので、現在子供を監護している側を優先的に親権者に指定するという傾向があります。つまり、別居中も適切に子供を養育していれば親権者になれる可能性は高いということです。


別居中の生活費を請求する

夫婦には扶助義務がありますので、別居中といえども、婚姻期間中は収入の少ない方は収入の多い方に生活費(婚姻費用)を請求できます。別居の際は、あらかじめ金額や支払方法等を決めておきましょう。相手がこれに応じない場合は、家庭裁判所に婚姻費用分担請求の調停を申し立てます。合意できなければ裁判所による審判が下されます。
※有責配偶者からの婚姻費用の請求は、その有責性に応じて減額もしくは全く請求できない場合もあります。

すぐに生活費が必要な場合

審判の結果が出るまでには時間がかかります。現在生活に困っておりすぐにでも生活費の支払いを受けたい場合等は、緊急措置として審判前の保全処分を申し立てることができます。認められれば審判の結果が出る前でも、裁判所から相手に婚姻費用の支払いを命じてもらえます。

ある程度のお金、別居先、仕事を確保してから出ていく

別居する前に、ある程度の期間は生活できるだけのお金をためておくことが必要です。また、別居したら働くつもりでいる場合でも、思い通りに仕事が決まらないことも考えられますので、事前に仕事を決めておいてから別居した方が安心です。別居先も事前に決めておき、別居を開始する前の1ヶ月位の期間を利用して少しずつ生活環境を整えた上で別居をはじめるというぐらいの計画性が欲しいところです。

実家に帰れる場合はまだいいとしても、何も計画せず別居をしてしまい、ホテルや友人宅を転々としながら仕事や住む場所を探すなどというような無計画にはならないようにしましょう。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@i-rikon.jp
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab