離婚に関する各種ご相談、離婚協議書等の作成・公正証書の作成支援。富山の離婚専門の行政書士があなたをサポート。

HOME » 離婚に必要な基礎知識 » 不貞行為とは | 富山離婚相談所

不貞行為とは

「配偶者に不貞な行為があったとき」とは

「不貞な行為」とは、肉体関係を伴う浮気や不倫のことです。

肉体関係を伴わない精神的な恋愛の場合は不貞行為に当たらず、過去の判例では「配偶者以外の異性と自由な意思に基づいて性的関係を持つこと」が不貞行為とされています。遊びか本気は関係ありませんし、一時的なものか継続しているものなのかも関係ありません。ただし、裁判では相手の不貞行為を証明する必要があります。

精神的な恋愛では離婚原因にならないか?

いくら法律が、精神的な恋愛が不貞行為に該当しないと言っても、実際の生活の上で、配偶者が自分以外の異性に心奪われているのは、当事者にとっては裏切り以外の何物でもありません。こういう場合は離婚したい場合もあるはずです。しかし、裁判で認められた離婚原因ではないので絶対に離婚できないかというとそうでもありません。

その場合は「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」で離婚裁判を争うことになります。
不貞行為に該当しなくても、そのことが原因で夫婦仲がぎくしゃくして修復困難と認められれば離婚が認められる可能性はあります。慰謝料についても、不貞行為とはみなされないケースでも相手に非があると認められれば請求できる場合もあります。

どのような場合が不貞行為になるの?

「不貞行為と認められる場合」

  • 浮気をしている明らかな証拠がある場合
  • 肉体関係を伴う継続的・一度きりの浮気
  • 不特定の相手との売春・買春

「不貞行為と認められない場合」

  • プラトニック(精神的)な恋愛関係である場合
  • 疑わしいだけで証拠がない場合
  • 別居後等夫婦関係がすでに破綻した後の肉体関係を伴う浮気
  • 自由意思によらない肉体関係(レイプ等)


FAQ

浮気した相手をいったんは許したが、後になってやっぱり許せないから離婚したい場合や他の原因と合わさって浮気も一つの理由として改めて離婚を請求したい場合等、過去に一度は許した浮気を離婚原因とすることができるのでしょうか?
旧民法には、一度は許した場合は離婚の訴えはできないし、一定期間経過後は訴えを起こすことができないという定めがありましたが、現民法ではそのような規定はありません。特に期限もありませんので、いったんは許したものの夫婦の溝は埋まらないという場合には離婚の訴えを起こすことができます。

ただ、このような場合には、許した浮気だけを離婚原因として訴えるのではなく、それをきっかけとしてその後に発生したいくつかの原因もあわせて「婚姻を継続しがたい重大な事由」として主張することになるでしょうし、裁判においてもいったんは許したという事情は考慮されるべき一切の事情の一つとして評価されることになるでしょう。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@i-rikon.jp
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab