離婚に関する各種ご相談、離婚協議書等の作成・公正証書の作成支援。富山の離婚専門の行政書士があなたをサポート。

HOME » 当事務所サポートのご案内 » 離婚公正証書作成サポート | 富山離婚相談所

離婚公正証書作成サポート

お客様から離婚に関する合意事項をお伺いし、私文書である離婚協議書を作成するサービスになります。公正証書にする場合は、公証役場で公証人に公正証書を作成してもらう際の、公正証書原案として活用します。

公正証書にしない場合は、離婚に関する合意事項の証明として当事者2名がそれぞれ保管し、離婚後に何らかのトラブルがあった場合は、調停や裁判手続きの際の証拠の一つとして活用します。

本サービスに含まれるもの

  • 離婚協議書の作成
  • 離婚協議書を作成するための各種ご相談

料金について

  • 45,000円 ※税込

お客様に行っていただくこと

  • 当事者2名で話し合って、離婚に関する合意事項を決定すること
  • 当事務所からお送りする、離婚に関するヒアリングシートに記入していただき、メール添付等により当事務所に返送すること
  • (公正証書にする場合) 公証役場での手続き

手続きの流れ

  1. こちらのお申し込みフォームまたはお電話(076-456-2036)にてお申し込み (お客様)

    メールにて請求書送付またはお電話にて口頭等により料金のご確認等をさせていただきます。

  2. 料金のお振込み (お客様)
    ※振込手数料はお客様のご負担にてお願いいたします。
  3. ヒアリングシート送付 (当事務所)
    夫婦間の合意事項をお聞きするために、メール添付等によりヒアリングシートを送付させていただきます。シートについてご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
  4. ヒアリングシートにご入力・記載&当事務所へ返送 (お客様)
    ヒアリングシートをメール添付やFAX等により当事務所までご返送いただきます。
  5. 離婚協議書(案)の作成 (当事務所)
  6. 内容の確認・修正 (お客様・当事務所)
    納得いくまで何回でも修正・追加させていただきます。
  7. 離婚協議書をお客様に納品 (当事務所)
    用紙に印刷したものに当事務所の職印を押し、お客様に郵送・手渡し等にて納品させていただきます。

本サービスとしては以上で終了となります。

本サービスにて作成した離婚協議書を基に、公証役場で公正証書を作成する場合は下記をご覧ください。

公証役場で公正証書を作成する場合

離婚に関する公正証書を作成する場合は、原則、公証人が直接当事者に離婚に関する合意内容を確認するため、お客様の方で手続きを行っていただく必要があります。

手続きの流れ

  1. 事前にご希望の公証役場に電話し、訪問日時の予約をします。必要に応じて、持参するものの確認をします。
  2. 本サービスで作成した離婚協議書および上記電話にて確認したものを持参し、予約した訪問日時に公証役場に行きます。 公証人から内容確認が行われ、公正証書に記載する内容を決定します。
    ※この段階では、当事者のうちのどちらか一方のみでOKです。
  3. 公正証書を作成する日時に、必要書類持参の上、当事者2名そろって公証役場に出向きます。内容確認の上間違いがなければ署名押印します。
  4. 公正証書の完成です。署名押印後、2通(正本と謄本)が交付されます。支払いを受ける側が正本を保管します。正本でなければ強制執行ができないので注意します。

手続きに必要なもの、手続きにかかる費用、その他詳しくは下記をご覧ください。

お問い合わせはこちら

横倉行政書士事務所
代表者 行政書士 横倉 高晴

所在地 〒930-2239 富山県富山市つばめ野二丁目121
TEL 076-456-2036 / FAX 076-456-9286
MAIL info@i-rikon.jp
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは9時~18時 土日祝休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab